読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T-LIFE

暮らしと住まいについてのブログ。

「やるぞー!」という気合いと共に大切なこと

日々感じること 読書note

おはようございます!
洗車をしようと思ったら雨が降ってきて意気消沈な私です(笑)。

昨夜は、積読の中から、マリリン・ポール著『だから片付かない。なのに時間がない。』という本を読んでみました。

片付けと同時に、「だらしない自分」を変えるための整理術について書かれた内容です。

色々な気づきがありましたが、その中でなるほどと思った部分をご紹介。。。

 

『今日の決断を先送りしたとしても、どうせ明日決めなければならない。結局、”未決事項”(ゴミ)を未来に捨てているようなものである。それも、今日決断 したくないからという理由で。しかし、昨日の未決事項や無理な約束の後始末に追われて気分がいいはずがない。先送りしたせいで、決めるべきことがさらに増 え、明日は余計いやな思いをするのがオチだ。』

 

『...やることリストに「浄水器を購入」と書き加えた。だが、それっきりだった。「浄水器を買わなきゃ」と思いながらも、どこに電話したらいいかわから ず、実行できないでいたのだ。その結果、グズグズと先延ばしすることになった。「浄水器の注文先の電話番号を調べる」と書き直して、ようやくやるべきこと に着手できた。...』

 

即断・即決・即実行のためには、その場で結論を出していく心構えと行動力が必要。
ただ、頭では分かっていても、気合いだけではなかなか実行できないのが人間ではないでしょうか?

 そこで必要なのが、タスクの細分化。
本の内容の例で言うならば、「浄水器を買う」というだけだは無く、「浄水器を買うために何をするのか」という細かい行動に分解して考えることが大切です。

 「浄水器の種類について調べる」のが先かもしれないですし、「調べる」ためにはまず「PCを立ち上げる」ことが必要かもしれません。
なかなかやる気が出ない時には、気合いで何とかするのではなく、まず取り掛かれる「簡単なこと」を見つけて、そこから動き出してみると良いんですね。

 「やるぞー!」という気持ちと一緒に、「まずは何から手をつければいいんだろう」という、物事を細かく砕いて見る視点を持ちたいなと思った一冊でした。

さて、今日も一日サクサクっと行きましょうー!!

f:id:tsurutaku:20160713075847j:plain

(花も綺麗ですが、この季節は緑に反射した光も綺麗だと思います。)