読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T-LIFE

暮らしと住まいについてのブログ。

見上げてごらん、夜の星を

日々感じること

おはようございます!
Amazon Prime DayでKindleを購入しようか悩んでいる私です。

永六輔さんが亡くなったとのニュース。
知り合いに「永六輔さんが亡くなったらしい!」と話したら、「永六輔さんって誰?」と返って来たのが、昨日一番の驚きでした。(笑

永六輔さんの紡ぐ詩や歌詞は、どこか優しさがあって、でも何となく「頑張れ!」と励ましのようにも聞こえる、そんな言葉が多い様に思います。

 

『むずかしいことをやさしく、
 やさしいことを深く、
 深いことをおもしろく』

 

永さんのエッセー集のタイトルにもなっているこの言葉は、井上ひさしさんがよく口にしていた言葉なんだそうです。

大切なことですが、なかなか難しいことですね。

また、井上さんは

 

『むずかしいことをやさしく、
 やさしいことをふかく、
 ふかいことをおもしろく、
 おもしろいことをまじめに、
 まじめなことをゆかいに、
 ゆかいなことはあくまでもゆかいに』

 

と、もう少し長いこの言葉を大切にされていたとの事です。

私もこんな言葉を心に留めて、言葉の扱い方を考えて行きたいと思います。

『見上げてごらん 夜の星を
 ぼくらのように 名もない星が
 ささやかな幸せを 祈ってる』

謹んでご冥福をお祈りいたします。

f:id:tsurutaku:20160712075006j:plain

(職場の庭に出来た果実。鳥が一つ、また一つと啄ばみに来るのを見るのも楽しみです。)